アトピー肌の入浴剤、おすすめは??

三人の娘を育てているsoraです。

三人の娘は生まれた時からひどいアトピーでしたが、現在は改善し、落ち着いた生活を送っています。

みなさん、アトピーの子どもとお風呂に入るとき入浴剤は入れていますか?

そのまま入ると刺激になるんじゃないか?どんな入浴剤がアトピーに良いのか?
さけたほうがいい成分はどんなものか?など色々気になりますよね。

今回はアトピー肌の入浴剤、おすすめは?というお話です。

アトピーの子どもがお風呂に入るメリット、デメリット

メリット

・アトピーに多いという黄色ブドウ球菌などの菌の増殖を防ぐ
・体を温めて血行促進や発汗作用を促す
・リラックスし、睡眠が深くなる

◆デメリット

・水道水に含まれる塩素の刺激により、かゆみが増す
・毛穴が開き、肌の内側にあった潤いが外に出てしまう
・体が熱くなるとかゆみが出る
・水分が失われカサカサ、ヒリヒリになる

アトピー肌に入浴剤の効果はある??

アトピーの人は乾燥肌の人がほとんどです。
入浴剤には保湿効果があるものや、肌のバリア機能自体を強めてくれる成分が入っているものがあります。塩素を除去して刺激を減らしてくれるのも魅力です。
また、赤ちゃんにも使える無添加のものや、刺激の少ないものおすすめです。

入浴剤の裏に書かれている成分をよく見て、お子さんの症状にあったものを選んであげたいですよね。

スポンサードリンク


アトピーに良い入浴剤ってどんなもの??

◆炎症を抑えてくれるものを選ぶ・・・カモミールやラベンダーなどは炎症を抑えてくれる

◆うるおい成分が中まで浸透するものを選ぶ・・・セラミド、スクワラン、カミツレ、水素など

◆塩素除去効果があるものを選ぶ・・・ビタミンC

◆化学成分不使用のものを選ぶ・・・・プロピレングリコール、タール色素、サリチル酸などの化学成分が入っていないものを選ぶ(化学成分が入っていると、刺激になったり、体に毒素を取り入れてしまうこともあるので注意する)

今回はアトピー肌の入浴剤、おすすめは??というお話をしました。

水道水は塩素で刺激が強くそのままで子どもを入浴させるのは心配ですね。

いろいろな入浴剤を見てみると、うるおいをしっかりしてくれるものや、肌のバリア機能を高めるもの、低刺激で赤ちゃんにも使えるもの、様々なものがあります。

お風呂を楽しい時間にする為にも、正しい入浴剤選びをしたいですね。

私のおすすめの入浴剤はこちら話題の水素入浴剤『水素のめぐり湯』はこちらから



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする