子どものアトピーと便秘の関係とは??

三人の娘を育てているsoraです。

三人の娘は生まれた時からひどいアトピーでしたが、現在は改善し、落ち着いた生活を送っています。

皆さんのお子さんは、お通じは良いほうですか?
アトピーで悩んでいる人の中には、便秘でも悩んでいる方も多いようです。

最近の調査結果で、実に『7割の子どもが便秘に悩んだことがある』という事が分かりました。

肌が乾燥したり、かゆくなるアトピーと、お腹の便が排出できない便秘。
どう関係があるのでしょうか?

スポンサードリンク


今回は子どものアトピーと便秘の関係とは??というお話です。

便秘になると体の様々な所が痛くなったり、不快になりますよね。
まず便秘が引き起こす体の不調について見てみましょう。

便秘による体の不調とは??

腹痛・・・・お腹に溜まった主便がお腹を圧迫するため、痛みが生じる。

・肌荒れ・・・溜まっていた便から毒素が発生し、肌からも排出しようとすると肌荒れが起きる。

吐き気・・・便秘により腸の中の便が詰まると、胃から先になかなか進むことができず、吐き気をもよおす事もある。

・頭痛・・・お腹が圧迫され体が常に緊張状態にあると、、筋肉や臓器の動きも悪くなり、脳への血流も悪くなる。

・疲労感、倦怠感・・・お腹の中で作られる「セロトニン」という精神状態に関係している物質がある。その「セロトニン」が便がたまると不足してしまい、不安やだるさを引き起こしてしまう。

この他にも口臭やむくみなど様々な症状を引き起こすといわれています。

では便秘でこのような不調が起こっているとき、体の中ではどんなことが起こっているのでしょうか?また、アトピーにはどのような影響があるのでしょうか?

便秘の体の中とアトピーとの関係は??

便秘の時のお腹の中は、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、悪玉菌が多くなります。悪玉菌が増えるとアンモニアや硫化水素が発生します。

これらは有毒ガスと言われているものです。

このガスの影響で肌が敏感に反応し、アトピーの人はこの影響を受けると、皮膚のかゆみが増したり、炎症を起こしやすくなってしまう。

また、アトピー症状から便秘になってしまうこともあります。かゆみやイライラから自律神経が乱れ、腸のぜん動運動に支障をきたし、便秘や下痢なってしまうと言われています。

まとめ

今回は子どものアトピーと便秘の関係とは??というお話でした。
現代の子どもは便秘が多く、体には様々な影響があることが分かりました。
また、アトピーの子どもは腸内環境によって肌に影響が出やすく、アトピーから便秘になりやすかったりしてしまうことが分かりました。

食生活や運動、ストレス解消などをし、便秘に気を付けてあげたいですね。

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする