子供のアトピーに、ヨーグルトを食べさせても大丈夫?

三人の娘を育てているsoraです。

三人の娘は生まれた時からひどいアトピーでしたが、今はよくなり、
落ち着いた生活を送っています。

皆さん「アトピーのお子さんに、ヨーグルトあげちゃって大丈夫かな??」
と心配されていませんか?
(もちろん牛乳アレルギーではない子に)

今回は子供のアトピーに、ヨーグルトを食べさせても大丈夫?
というお話です。

子供のアトピーにヨーグルトっていいの??

アトピーは消化器官が未発達な子供に発症することが多いと言われています。

その子供たちにヨーグルトを与え、腸内環境を改善させたり、免疫力を高めることは
良いと言われています。

最近テレビなんかで聞く
Th1細胞(感染予防因子)とTh2細胞(アレルギー因子)のバランスも良くしてくれる効果もあります。

「じゃあヨーグルトを食べよう!!」

と思う方もいると思いますが、実はヨーグルトにはいろんな種類のものがあり、アトピーを悪化させてしまうものもあるのです。

スポンサードリンク


子供のアトピーにヨーグルトは注意!?

実はヨーグルトの中には、ビオチンというアトピー改善に必要な栄養素を食べてしまうヨーグルトもあるのです。
ビオチンといえば、抗炎症作用があったり、皮膚機能の向上をしてくれるもの。
そんな大事なビオチンを食べてしまう乳酸菌は

フェカリス菌です。

ヨーグルトを買うときはこの菌が入っていないヨーグルトを買うようにしてください。

大事な栄養素を食べられては困りますよね。

ではどうすればいいのか?
ヨーグルトの選び方をご紹介します。

子供のアトピーに良いヨーグルトの選び方。

子供にあったヨーグルトの選び方は

ズバリ【相性】です。

自分に合う乳酸菌は、なんと親子でも違う事が多いのです。

一般的な市販のヨーグルトも便秘が解消されたという人もいれば、
おなかを壊してしまった・・・・

という人もいるって事です。

「すでにお通じがよくなる気に入ったヨーグルトがある」
という方は、そのヨーグルトは相性が良いと言うことですね。

そのヨーグルトに含まれる菌の説明をしているものもあったり、子供用のヨーグルトもありますよね。

それを選んで試してみるのも良いですね。

試してみて便の状態が良いと思ったり、肌の調子も良ければそのヨーグルトは自分にとって合ってるものと言えます。

しかしどんなものも大して効かないかな・・・・

そんな方にお勧めは

手作りヨーグルトのプロピルです。

これは、自分の体の中にある良い乳酸菌だけをを増やしてくれるもの。

我が家ではお得な公式サイトから購入しています。
↓ ↓ ↓
プロピルの公式サイトはこちら

いろいろ試してみるより効率的ですよね!!

まとめ

ヨーグルトに相性があるなんてびっくりですよね。

乳酸菌の種類は実に200種類以上あるそうです。

控えたほうがよい乳酸菌は控え、合うものを摂れるといいですね。

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする