子どものアトピーは冷えが原因??

三人の娘を育てているsoraです。
三人の娘は生まれた時からひどいアトピーでしたが現在は落ち着いた生活を送っています。

突然ですが、お子さんの足やお腹を触って、「冷たいな」と感じることはありませんか?

今回は子どものアトピーは冷えが原因??というお話です。

現代の子どもは冷え性が多いそうです。
ちょっと驚きですよね。
子どもは風の子で、体温も高いイメージありますよね。

しかし様々な原因で現代の子どもの体は冷えているのです。

冷えは万病のもとと言いますが冷えが原因で起こる病気はいくつもあります。

【冷えが原因で起こる病気】

・貧血
・腰痛
・倦怠感
アトピー
・胃腸障害
・うつ
・睡眠障害
・自律神経の乱れ  等々

本当にたくさんありますね。アトピー以外にも胃腸障害や、自律神経の乱れなどアトピーに関する病気がありますよね。

ではなぜアトピーの人は冷え性が多いのでしょうか?

現代の子どもにアトピーが多い理由


◆食生活や生活リズムの乱れ

受動喫煙など、規則正しい生活ができていないことがあります。
確かに夜にスーパーに行くとパジャマで両親と買い物をしてる子、コンビニでさっと夜ごはんの食事を済ませる子を見かけます。
(もちろん忙しいのも分かりますし、たまにならいいのですが・・・)

◆白い砂糖を使っている

白い砂糖を使っているお菓子やジュースなどがたくさん売られています。甘いアイスや、グミやチョコ子どもの好きなものには砂糖が使われていることが多いですよね。
実は白い砂糖は白く精製するために様々な薬剤を使用しているため、体を冷やしてしまうのです。

白い砂糖は体を冷やしますが、精製していない黒砂糖は体を温めるので、料理を作るときは黒砂糖がよいです。

◆外で遊ばない

最近公園に行っても子どもが少なくなった気がします。
しかもいたと思ったら集まってゲームをしている・・・

外で思い切り遊べないと、夜眠れなくなります。
その結果、肌は荒れますし、自律神経が乱れ病気になりやすくなったり、冷え、睡眠不足になります。

もちろんストレスもたまりますしね。

他にも冷えに悩んでいる場合は、漢方もよく効きます。→子どものアトピーを漢方で改善!!はこちらから

スポンサードリンク


いかがでしょうか。
何だか悪いサイクルが目の前に思い浮かびますね。

冷えを改善するには、上記の事に気を付けることと、体を冷やさないように食べ物や着るものを気にすることが大事です。

最近は冷え対策に腹巻がよく売れているようです。頭が熱くてもお腹が冷えていることが結構あります。
子どものおしゃれな腹巻も販売されていますので、購入してみてはいかがですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする