アトピーの子供のアレルギー検査はどんなものがある??どのように付き合っていけばいいの??

うちの子はアトピーかも・・・・と思うと、

「何かアレルギーがあるんじゃないかしら?」

と思いますよね。

アトピーは体に対して入ってきたものを異物と認識して皮膚にかゆみが出てしまう病気です。

それならば、「早く検査しようかな」と思いますよね。

今回は

アトピーの子供のアレルギー検査はどんなものがある??どのように付き合っていけばいいの??

というお話です。

アレルギー検査は何歳から??何科でできる??

アレルギー検査は低月例でも受けられます。

乳児湿疹がひどいからと、4か月位から受ける赤ちゃんも多いそうです。

乳幼児期からアレルギー・・・とかわいそうに思いますが、

乳幼児期に現れるアレルギーは成長とともに治ることも多いそうですよ。

検査ができるのは

・皮膚科
・耳鼻咽喉科
・小児科
・アレルギー科

です。

口の中や目がかゆくて耳鼻咽喉科、熱や下痢で小児科を受診してなどきっかけは様々です。

スポンサードリンク


子供のアトピーのアレルギー検査はどんなことをするの??

◆血液検査

Ige交代の数値でアレルギーを調べる

ほこり、ダニ、細菌、カビ、食物、花粉など150以上のアレルゲン検査が可能。

子供の場合は、タオルなどで押さえて、採血を行います。

ちょっとかわいそうですが、意外と泣かない子もいるようです。

健康保険適応ですが、適応されるのは一か月に8個までです。

◆パッチテスト

アレルゲンの疑いがあるものの液を紙にしみこませ、腕や背中に貼る。

3,4日後に検査結果が出ます。

これも健康保険適応です。

スポンサードリンク


アトピーの子供のアレルギーとどう付き合っていく??

現在では様々なアレルギーがあります。

今までは、アレルギーの食品は除去するのが主流でした。

しかし近年アレルゲンの食べ物を少しずつ食べさせ、耐性をつける経口免疫法と治療法

行われているところが増えてきました。

アレルギー耐性がつく人も多いようですが、絶対に安全とも言えません。

そこはお医者さんと慎重に行いたいですね。

また、「全部は除去しきれない、きちんと噛んで消化しやすくしてあげることが大切」

と言っているお医者さんもいますので、普段から心がけたいです。

まとめ

アレルギー検査にも種類があり、保険適応のものもあるので受けやすいですね。

どんなものにアレルギーがありそうか様子をよく観察して、原因を特定したいですね。

乳幼児期のアレルギーは治りやすいのでうまく付き合っていきたいですね。

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする